農村開発事業の詳細

AGLP Homeに戻る

 ガーナのゴモアエンプロメム村の様子とAGLP が歩んできた経緯を日本ワーキング グループ(JWG) 高岡エミ子農村開発プロジェクト委員長(松山市)が1996年2月に村を訪問した時の報告書から引用して紹介する。

 ゴモア エンプロメム村の概況

 首都アクラから西へコートジボワールに繋がる主要国道沿い(約85km西進 )にある中央州沿岸部アパム郡ゴモア地方に位置する村。

 写真1 
 村の南側をアクラからケープコーストに向かう主要国道が通っている。ギニア湾が近い。  村の入り口に、ケンケイ販売所がある。まだ、毎日売るだけの生産量を確保できないでいる。国道沿いには、他にも多くの販売所があるので売り上げを増やしていくには安定供給・販売所の環境整備等々工夫が必要とされる。


 写真2 
 祖先礼拝祭りを案内する横断幕。柱にしている竹はこの地方で容易に手に入れることができる。


 この地はアカン系ファンティ人のホームランドで1990年統計によれば、戸数は150戸程度であり、人口835名。うち男性359(43%)女性476(57%)。20%(163名)が5才未満の子供である。この地方の人口増加率は5%に近く、国の平均(2.6%)よりかなり高い。村では子供の数を、多くとも4名に押さえるよう指導している。都市部に出稼ぎに行き、時折帰郷する非定住人口も加えると、村の総人口は1200名程度となる。

  気象

 ゴモア地方は沿岸サバンナ地域で、雨量は少なく年間700o程度といわれている。

(東京は1,200o)

 年平均気温は26.5℃で、月別の平均気温は次の表の通りである。4月から6月までが雨期(大西洋から湿ったギニアモンスーンがスコールを運ぶ)、12月から3月が乾期(サハラ砂漠からの乾燥した風・ハマターンが吹きつける) 。中間に、9月から11月の小雨期と、7月から8月の小乾期がある。

表1 月別平均気温と気候区分 単位:℃

10

11

12

平均

平均気温

27

28

29

28

27

26

25

24

25

26

27

27

26.5

気候区分

乾 期

雨 期

小 乾 期

小 雨 期

乾期

 農業

○ 土地所有の状況

 土地は共同体の所有。村の長に申し出て許可が下りれば、村人には体力や耕作能力に応じて自分が耕せる分だけ土地を貰うことができる。女性たちは共同農場を1人当たり1エーカー持っている。すなわち、女性1人で40アールを耕作していることになる。

 地質は固く荒れている。主な農産物はメイズ(トウモロコシ)。2期作で、9月の収穫が主である。コクゾウムシにやられてしまい、収穫して3ヶ月も貯蔵すると商品価値がなくなる。

 写真3 
 農園を案内してくれた若い農民は、2エーカーの耕作で2期作をしており、妻と子供2人の4人家族は安定した暮らしが出来ているといっていた。

○ 栽培作物

 ゴモア・エンプロメ村の農産物のうち自給作物であるトウモロコシ、キャッサバ以外は見るべき作物は極めて少ない。なお、各家では鶏10羽、山羊5頭を飼育している。

 写真4 (鶏小屋)

 野菜類のトマト、ナスの他に、果物は食用バナナがあるのみで、工芸作物にいたっては自給の胡椒、生姜(しょうが)を村の中で販売している程度であり、農業の収益性は極めて低い。そこで村のリーダーたちは、新しい作物の導入を図ろうと、果樹ではマンゴー、野菜ではトマトの栽培を考え始めている。
 若者は漁業や他の地域で働いており、地域には工場がなく、現金収入を得るのは難しい状況にある。

 村の暮らしの状況  

○ 生活状況

 写真5 
 生活の基盤の水が、乾期には不足する。家庭用井戸が干上がり、川も涸れてしまう。水道が安定供給されず3年前に、村の中心地に共同で地下貯水槽を設置しており、普段からこれに溜めておくほか、断水時には水供給業者に給水してもらい、各戸は必要なだけ購入して生活用水にしている。バケツ1杯(約6リッター)が30セディ(約2円)である。

 食事は1日3回で、朝食7時、昼食12時、夕食6時である。日常食は干魚を入れてキャッサバを煮たものやキャッサバを輪切りにして蒸したもの、お餅にした「フーフー」、トウモロコシの粉で作った「ケンケイ」、トマトを魚で煮たスープなどである。

 ご馳走は10月に1週間続くアクワンボ祭りの時に食べるもので、朝、昼、夕食に米(肉入りピラフ)や魚料理を食べれることだという。卵や鶏肉、山羊の肉は上等な食べ物になる。

 1ヶ月の家族の生活費は3万セディ(Cedi)。食生活は質的な問題もさることながら、量的にも不足していることが、5才未満の幼児の栄養調査で3分の1以上に問題があることからもうかがえる。

 食べ物

 メイズ・いも類・プランテイン(料理用バナナ)・米などの主食をスープと組み合わせるのが基本。


 写真6 
 フーフー:ヤムイモ・プランテイン・キャッサバなどを煮て餅のように臼でついたもの。


 写真7 
 バンクー:メイズの粉を熱湯に入れてこねあげたもの。


 写真8 
 ケンケイ:バンクーをそのまま自然発酵させてバナナの葉などで包んで煮あげる。


 写真9 (着色芳香剤)
 ワチェ:ミレットの茎で色づけし豆と煮込んだ赤飯。
 


 写真10 
 スープのベース:パーム油・ピーナッツ・オクラ等々に野菜・魚・肉を加える。


○ 交通事情

 生活の利便性については、首都アクラからケープコーストを結ぶ主要幹線道路に接しているので、交通の便は幹線道路を走る公共バスが1日に3〜4往復している。しかし、乗客がないと休むことがあったりで、その時や日常のほとんどは徒歩になる。

 村には電話も自転車もないので、急患が出ると大変である。そんな時は何らかの手段でアパム病院へ搬送する。また通常利用するウインネバの病院までも約10qの距離がある。

○ 保健事情

 アパムの病院で、この地域に多い病気を聞いてみると、1位マラリア、2位下痢、3位貧血、4位風邪、5位妊娠中の病気・流産だという。

 マラリアはそれ単独ではなく、その他の病気と併発していて、1日250〜300人程度いる外来患者の半数に達っしていた。それが、この2年間で、各コミュニティーで予防教育をすすめたことで、半分に減少してきた。

 農民に多かった疾病は貧血で、流産は農民と漁民に多いのが特徴である。

 保険制度のないこの国では、マラリアの治療費は1,500セディ(100円程度)で、1週間以上仕事を休まなければならない。こうしたこともあって、飲み水の煮沸は徹底しているようである。(下痢症などで体力が弱ったとき発症しやすいためその予防)

○ 住居

 住まいの多くは1DKで、前にカヤでひさしをつくり、囲いを作って椅子をおく家が多い。30%は長屋で2〜3家族が住んでいる。

 また、10%程度は3DKで、客間やくつろぎの場を持ち、電気も導入され、便所(くみ取り式で、2〜3戸は水洗式)が設備されている。

 一般的には電灯も引けずランプ生活で、便所は共同又は穴や茂みで用をたしていた。


 写真11
 最近、非政府系団体の援助で創設された公衆トイレを利用するようになり、畑の肥料としての活用も考えられるようになった。

 台所と食事場には土で作ったカマドがあり、その回りには銭湯にあるような小さな椅子が置かれている。鍋や食器の種類も少なく、流し台はない。  


 写真12
 カマドは屋外にもあり、何軒かで使用するものもある。
 燃料は薪やトウモロコシの芯で、薪は畑からの帰りに頭に乗せて持ち帰っており、燃料費はただである。

○ 暮らし方

 1日の生活時間は朝5時半に起床、夜は7時半から8時頃に就寝する。睡眠等の生理的時間は12時間程度で、農作業などの生産活動が7時間、その他家事育児が5時間というのが一般的である。暑い日中の手工芸などの手仕事はどこにも見られなかった。収入源は、村の中での小さな日常品の販売があるだけのようである。

 女性の服装はおしゃれ好きで、目を見張るものがある。

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

炊事食事(2.5) 炊事食事(3) 炊事食事(2.5)

農作業(5) 農作業(2)

睡 眠 睡眠(9〜10)

○ 学校

 この村の学校は村民の手作りであり、運営資金面でもかなりの負担をしている。

 学年別の人数は保育園児60人、小学校1年38人、2年30人、3年25人、4年25人、5年30人、6年30人である。また、中学校の1年が23人、2年20人、3年19人である。


 写真13
 在米のナナ(酋長)の働きかけで完成した保育所


 写真14

 小学校(サッカーグランド側)


 写真15

 小学校(教室内部)


 写真16

 中学校(教会側からの外観)



 伝統的慣習である長老による自治制度が存在する。大酋長(ナナ)は米国の大学に留学し、その後も引き続き在住しており、村では次の継承権者(ナナ・シピ)が代理執行している。

 よそからの訪問者は村入り儀式で長老達に迎えられる。来訪者への言葉はナナ・シピからメッセンジャーによって間接的に伝えられ、祖先の霊に報告し大地と分け合って堅めの杯を戴いた後、晴れて村内活動が許される。

 当然に、出立時も同様の儀式が行われる。


 写真17
 別れの儀式(都合で公式儀礼に参列できず場所を移して略式で行われた。)

 AGLPが関わってきた進捗状況

 ガーナWGがゴモア エンプロメム村をモデルに選定した理由

@野口記念医学研究所で伝染病班が幼児の健康状態、栄養摂取状況などの調査活動を10年間実施してきたこと、人口の増加率が高く、栄養改善には農業生産分野の改善が急がれること。

A村の中では女性の小学校校長先生と男性の保健推進員がいて、この2人が熱心に5才未満の栄養改善や村人の衛生管理を推進してくれ、5才未満の死亡率を低下させたこと。

B農村開発プロジェクト担当のジョウジ アーマ氏 (Dr.George Enyimah Armah)の出身地に近く、実情が把握できていること。また地域や村のリーダーが意欲的であることなどによる。

 ガーナWGと村民との対話で得られた課題

@ ゴモア エンプロメム村の人々の生活の維持には、村人の栄養と健康管理が第一であり、村では農業が主要な産業なので、農業の生産性を向上させることが重要である。

 とりわけ、メイズを主食とする現在の食生活では、蛋白質が不足するため、それを補うための大豆の栽培や乾期にも野菜の栽培を行うなどの対策を実施すれば、栄養改善面だけでなく農業収入の増大の面からも有効であることを確認した。

A これらの推進については、子供や家族の健康管理に取り組んできた女性達に頑張ってもらおうと考えている。というのも、大豆や野菜の栽培技術を通して女性同志のコミュニケーションが図られると同時に、家庭でも母親が新しいことに挑戦する姿を見て、夫や子供が関心を示すようになると考えられるからである。

 また、ガーナの社会は男性優位であり、村の女性たちは男性にたよっている。そして、男性はお金が出来れば生活が良くなると思っている。しかし、女性達が大豆を作り、加工食品にして販売する道を開発すれば、自信が出来て、役割がチェンジ出来ると思う。

  取り組みについての問題点

@ この村では、これまでに黒大豆を栽培したことがある。その時は良く出来たが、なぜか売れなかった。政府が奨励した作物でなかったことが理由かも知れない。

 栄養改善上からいえば、作って食べればいいのだが、沢山出来れば売ることになる。そのまま販売するか、加工食品にして売っていくかが、これからの問題である。

A 大豆の栽培についても問題がある。女性達が共同の畑で大豆を作るのか、各自の畑で栽培するかであるが、多く栽培するためには一人ひとりで取り組むことになろう。その場合、女性が一人で手で畑を耕すのは大変である。大豆を栽培することには関心があっても、畑を耕すことは男性の力を借りる必要があり、その男性はトラクターの導入がないと、一斉には大豆生産は出来ないという。

B 大豆を作るのにはトラクターがほしい、加工食品にするには加工する場所がいる。その資金が問題である。大豆への取り組みをきっかけに、女性達の自力更正を図ろうとすると、生産段階、加工段階で問題に突き当たってしまう。

 ゴモア・エンプロメ村の印象について

 地理的には私たちの国から一番遠い国に来たのに、不思議にも村人との間に距離を感じなかった。とても親しい感じをもった。絶大な歓迎行事に驚いたり、感激もした。

  特に印象的だったのは、

 ○ 次の時代を担う子供たちの数が多いこと、目が美しく、生き生きとしている。その村の将来を知ろうとするなら子供たちを見よという言葉があるが、まさにこの村の未来は輝いていると感じた。

 ○ 村の共同活動というか、自治体の実践活動に頭が下がった。その1つは、共同井戸を自力で建設し、運営していること、2つには子供たちの教育に熱心で、保育所から小学校、中学校を国まかせにしないで、人力と資金をみんなで出して次々と建設してきたこと、3つ目に村の隅々まで清掃されていて(毎月みんなで清掃活動を続けている)、ゴミがどこにもないのに驚いたこと、それらを見て良い村風を持っていると思った。

 ○ 女性たちが「農業技術デモンストレーション」にとても熱心に見入っており、生産活動に意欲的であり、何かを始めていこうとする気概のようなものが感じられた。残念だったことは、この人たちともっと突っ込んだ話し合いがしてみたいと思ったが、果たせなかったことである。

 日本側からの提言

  提起された取り組み段階で問題となる土地の耕起と加工場所をどうするかについては、解決方法は資金面に絞られている。

 既に女性の組織は3つばかりあり、村で加工品の開発や販売などを行っているとのことだが、@女性達が必要性に気づき、納得して取り組む体制をつくること。A一人ひとりが一所懸命になって実践し、必ず成功に導くように進めなければならないこと。Bそのためには、始めから大々的にトラクターで整地して取り組んでも、天候や栽培上の問題で失敗すれば、次の芽は出ない。

そこで、小面積で必ず成功する方法をとっていくことを考えてみてはどうか。日本の農村も50年前は人力で田や畑を耕し、次に牛や馬などの家畜で耕起してきた。トラクターでなければならないという考えは簡単だが、村人自身でどうすればよいかを考え、選択して行動する方法をとらなければならない。

 また、加工する場所も、日本では小学校の廃校等を利用したり、自分達で手作りの小屋を作ってやってきた。始めから立派な設備を作ってもらって活動している所は、必ずしも活発な活動がされていない。

 要は、女性自身が子供達の栄養改善のために、大豆づくりが大切だと気づき、頑張るような体制を作っていくことが大切である。そうすれば、安定的な食糧供給が図られると思う。

 日本の農村地域での母子の栄養改善については、農民の自覚を促すため、小さなコミュニティーレベルで学習会や話し合いの場を重ねてきた。また、栄養改善の歌や踊り、料理や菜園のコンクールなどを取り入れて、意識を変え、生活や生産の向上を図ってきた。このように、生産活動と同時に、生活面の活動を推進することが大切ではないだろうか。

 村の活動への提言

 太陽がいっぱいで、雨期と乾期があるこの地域の自然条件、長い間の暮らしの知恵の中で築かれた制度や条件、人々の気質や習慣から創造した技術などを簡単に右から左へとは移転できないが、現地で感じたことで今後の研究課題の参考となればと思う。

○ 自然条件の克服

 自然的制約条件のうち乾期の水不足の問題については、水がないといっても広場の木々は大きく青々としており、途中の道路周辺には草も茂っている。地下水がある所だと思ったが、井戸を学校でも家庭でも掘れないものか、あるいは雨期の水を貯蔵するタンクがつくれないものか。

 日本では森林は第1のダムなりといって、山に木を植える。ここは果樹や花の咲く木がないが、もっと学校に木を植えて、美しい花の咲く校庭を作ってはどうか。それが、村のシンボルとなり農業生産の増大や衛生的な生活環境の確立につながることとなる。

○ 制度的制約について

 ゴモア・エンプロメ村の自治体制は、とてもしっかりしていると思った。しかし、これからは全体で取り組む活動のほかに、沢山の問題を抱えている。

 農業の生産性を上げるための田畑の整地をどうするか、栄養改善、水不足、穀物の貯蔵、大豆の生産加工など領域が広がってくると、目的別の小グループでプロジェクト活動をしていかなければ成果が上がらないと思う。

 そこで、自主的に問題解決の活動をする組織を作っていくことが大切ではないか。特に、女性の大豆生産や加工のグループを育成し、地域で位置づけることが大切ではないだろうか。

  また、学校は美しい花壇や図書館の設置など、自主活動等のグループを作れば、それぞれが動き出してゴモア・エンプロメ村が活気づくし、他の地域にも村のファンが生まれてくるようになる。

○ 技術的制約について

 伝統を守ることは大切であるが、新しい作物導入や貯蔵方法の工夫、加工のこつなどお互いの情報や技の交換をしなかったり、これまでの略奪農法では農業の生産性は上がらないと思う。

 新しいものを取り入れる時は、お互い学習体制をしっかりしていく。それには、指導者、リーダーがいる。この村の内や外からの刺激がいると思う。そうすれば、この村がガーナのモデル農村になるなと思った。こんな良い機会が、この村に与えられたのだから、頑張ってほしいと思った。

モデル農村のこれからの取り組みについての意見交換

○ 村民代表者の意見

 ◇ 村の中に保健センター(薬局程度)を作って、村人の救急対応をしてみたい。 

 ◇ 住居の改善をしていきたい。特に、炊事場や便所など。

 ◇ 食生活の改善をしたい。お祭りの時のように、米や魚をもっと食べたい。そのためにももっと所得を上げたい。

 ◇ 新しい作物を導入したい。また、愛媛県久万町のグループと交流したい。

 ◇ 笹川アフリカ協会の粉砕器デモンストレーションを見て、あのような機械を入れて、メイズ、キャッサバ、大豆の加工をやりたい。

 ◇ 乾期の水不足対策はいろいろと試みた。井戸を掘ったら塩分が含まれていたり、潅漑用に季節的に川の流れをせき止める話が何年か前に政府機関からあったが、村の負担金額が高く、計画の実現が出来ていない。

 ◇ 乾期に土地を耕すのは大変で、雨期には一斉に耕作を始める。その時期には50q離れた所に借りられるトラクターがあるが、その時期には所有者が使ったり、その周辺地域で使われて、こちらの適期には借りられない。トラクターを求める金を集めたが、購入できる金額にはほど遠いものであった。

 ○ 意見交換

 ◇ 農場を見せてもらった。乾期で作物はなかったが、草も生えていない。しかし、木の下には草が生えていた。土から水分を奪われない工夫がいるのではないか。日本では「その土地で泣かされていることを生かして使う。」ということわざがある。

 マイナスをプラスにすることで成功してきた産地が多い。土づくりにもっと英知を集めてはどうか。土の上に草を敷く。トウモロコシの茎や葉を敷いたり、河原のカヤを刈り取って農場に入れる。そうすると土がぽこぽこして耕しやすくなる。

 ◇ 雨水タンクを設置したり、塩分があっても井戸掘りをあきらめずに、村の事業として取り組むべきではないか。

 ◇ デモンストレーションの野菜粉砕器が欲しいと言われるが、購入するとして、女性たちは1人がどれくらいお金が出せるのか。

 (1人1,000セディなら出せる。3つのグループで30人くらいになるから、3万セディになる。これは1戸の1ヶ月分の生活費に相当する。)

 ◇ もし、その野菜の粉砕器を借りるとして、2年間の期限になっても借りたいのか。

 (ぜひ粉砕器を借りて、トウモロコシの加工品の「ケンケイ」を作りたい。)

 (その場合、どうすれば成功するか、そして、その販売について知りたい。)

 (また、子供とともに取り組む方法も知りたい。)

 日本で地域産物を開発している事例から整理してみると、

 @その地域ならではの特徴をもつこと。

 一番は美味しいことで、いつも変わらない味で、品物が飛び抜けて良いこと、次に安いこと、他の地域のものよりもちょっと安いこと、そして形が他の地域と違っていることなど、そこでしか食べられない特徴がいる。

 A売り方や売る場所を工夫する。

 対象を考えて早朝に店を開いたり、昼の時間に売るなど時間や売る日を決めておく。

 また、必ず売れる対象、例えばお祭りの屋台、ハイスクールの寮、病院に定期的に卸したり、よく売れる食堂の一角に持っていくなど、顧客を開拓する。

 B村の名物として宣伝する。

 ゴモア・エンプロメム村の「ケンケイ」の宣伝のために、小中学生からポスターや歌を募集し、村の歌や踊りを作り出す。

 村のみんなが自慢出来るように、自信のもてる製品を作る。コンクールなどをして、より誇れるものに皆で研鑽、努力している所が成功している。

 ちょっと高くて遠いが、あの村へ行って、あのお母さんの品物を買おうという村風というか暖かい心や人々の笑顔がお客を呼び込んでいる。

 ○ これからのゴモア・エンプロメム村の取り組み

 農業の生産性と食糧供給の安定を図るためには、これからは村の中でみんなで話し合い、目標は高く掲げても小さいことからアイデァを出し合って、具体的に実践課題に取り組む。

 そして、次の各プロジェクトへの実践組織を育成し、村の中ですすめることを確認した。

◇ 乾期の水不足対策

◇ 田畑の整地の方法

◇ 穀物貯蔵方法の研究

◇ 大豆栽培等新しい作物の導入

◇ トウモロコシ等農産物の加工

◇ 村人の健康管理活動

  ガーナ農村開発プロジェクト展開についての提言

 「ガーナ農村開発プロジェクト展開」はモデル村の問題分析、目標設定が見事で、ゴモア エンプロメム村の現状認識が確かであると感心させられた。

 特にアプローチについても月別に具体的な実践計画が立てられ、月別に細かい作業が組まれていて、カーナWGの意欲的な取り組み姿勢がうかがわれた。

 しかし、その中で気になる点があった。主要目標の農村地方の母子衛生と栄養改善のために、農業の生産性と食糧供給の安定性のみが改善点としてあげられ、コミュニティレベルでの栄養ニーズを理解するための話し合いの場や公衆衛生状態の改善計画はみられず、女性側の対応も具体的ではなかった。

 それがこの度の訪問で大豆生産の計画は女性にターゲットを絞った展開が示された。この取り組みは的を得ており、その進展を期待した。ところが、モデル村ではそのことに対する顕著な動きは見られなかった。また、乾期の水不足対策についても、せっかくすばらしい計画はされても塩分が出るので、資金がいるので実行不可能になったという答えが返ってきたりした。そこで感じたことはいくらすばらしい計画でも実践できなければそれは絵に描いた餅になる。

 モデル村の人々が自らの問題として主体的に活動展開を起こしていくためには、以下の課題について解決していく必要性がある。

 第1は、地域の基礎調査を実施して村民との間で問題の共有化を図ること。

 第2は、自治組織の強化と機能化を図っていくこと。

 第3は、健康、生活、生産の技術水準の向上を図ることの3点に要約できる。

 地域の問題把握のために徹底した基礎調査を実施し、取り組みの方向性を明確にする。

 @ 農村開発基礎調査

   ○地形調査(土地利用、気候、水等の自然条件、立地条件)

   ○人口動態調査(村の人口分析、稼働率)

   ○村落内の就業状況

   ○生活環境の状況等

 A 経済基礎調査

   ○資源調査(水資源開発利用、未利用資源開発)

   ○生産量調査、消費量調査(生活物資のバランス)

   ○物価と生産物の流通状態(生産組合、貯蔵状況、手作り販売状況)

   ○地域特産物生産(新しい作物導入状況と導入希望)

 B 自治組織対策

   ○村の組織(自治組織の現状や規約、活動目標等)

   ○各組織の状況(年齢集団、目的別グループ)   

   ○宗教と信仰の状態

 C 教育

   ○成人の識字率(男女、年齢別)

   ○進学状況(男女別)

 D 保健衛生栄養

   ○環境衛生(食生活調査、栄養調査、便所の設置状況炊事場の改善等)

   ○保健管理(病気の種類、原因と対策、衛生思想の普及、乳幼児の健康、栄養と病気の 因果関係)

 など、調査を実施することでこれらの実態を明らかにした基礎データを村民と共に共有する必要がある。このことは村人の意識の醸成になり、啓発段階から村人が築き実践への段階に入れると思うからである

 自治組織の強化と組織の機能をどう図っていくかへの対応

ゴモア・エンプロメ村の自治組織は健在であり、これまで保健衛生の推進体制もその中で機能してきたのは人材を得ていたからだと思う。こうした保健衛生へのリーダーシップが発揮できたのはリーダーである彼女が小中学校長という高い知的レベルであったことと、かって村のNo.2という家柄によるものであると考えられる。彼女のようなオピニオンリーダは残念ながら地域の女性の中には見られなかった。

 現在活動し始めている3つの女性グループはインフォーマル組織で、現在の村社会では認知されていない。

そこで田畑整地、水資源開発、大豆生産(新作物導入グループ)、保健衛生、住まいや食生活、かまどの改善、農産加工等、各グループ別実践組織の育成、或いは委員会を設置して位置づけや責任を明確にしていく必要がある。

 そのためには、地域の中にいて共に相談相手になり組織化を促進していくオルガナイザーが必要であり、そこにプレゼンターであるWGメンバーのフォローアップが加われば、村人の自助努力が増してくると考えられるからである。

 健康、生活、生産の各技術水準向上への対応

  それぞれのプロジェクトで問題解決を図っていくためには、現状を変え得る確立された技術の普及が大切である。各組織メンバーが必要とする知識や技術を学びとり、前向きな姿勢で取り組むためには継続した実践指導がいる。村人の欲望の充足の援助ではなく、夢や希望を形に現れるような指導力を持った人材が、身近にいる条件を作っていくことが必要である。

 そこで、農村に入り現地の人々と生活を共にし、その地域にとけ込んで活動している日本の青年海外協力隊員の派遣を要請する。そして、協力隊員の指導のもとに、生産、生活、地域開発等当面する課題に対し、村人それぞれが小グループでプロジェクト活動を展開していけるような条件づくりをするよう、村の内外に働きかけるガーナWGの熱意ある取り組みを期待したい。

 以上のような経緯から、半年後には以下の報告のように進展した。

 ゴモア・エンプロメン村では、女性たち約30名が、メイズ製粉機を購入してケンケイの製造を始めることを計画し、本年6月組合を設立しました。組合として1エーカーの農地を所有し、ここで収穫するメイズと、共同貯蔵施設から不足分のメイズを購入して加工する予定です。ケンケイの販売先については、アパムの首長に協力を依頼していますが、学校などに出す場合は品質や大きさなどについて一定の基準に達していることを証明する必要があるとのこと。

 組合員は週1回会合を持ち、共同事業のための話し合いの他、保健衛生や家族計画面での知識の普及や実行のために、月1回の講習会を開くことを計画しています。

 プロジェクトリーダーのジョージ・アーマ博士が、アパム病院あるいは野口医学研究所の協力が得られるよう働き掛けています。

 村には、働く女性のために子供たちを預かるデイケアセンターが近いうちに完成する予定です。女性の組合活動と、このセンターの活動との連携も考えられそうです。

 ガーナ事務局のアナン氏と岸上が、8月27日に村を訪問しました。組合員の内13名が集まり、活動状況の報告、組合の役員構成と役割の説明を行ないました。この集まりには、組合員だけでなく、村のチーフ(秋の収穫祭のためにアメリカから帰郷中)や、村の政治的リーダーであるフリンポン氏、村とワーキング・グループとの仲介役のアサレ氏が出席しました。このプロジェクトへの協力の意志の表明とともに、久万町、沢内村の農村女性の活動経験から多くを学び、またコミュニティー同志の友好関係を持ちたいとの希望が寄せられました。

 秋に予定されている日本への派遣者2名については、

−1名は英語の読み書きができ、活動レポートがまとめられること

−女性の所得創出と健康管理のために積極的に活動していること

を条件として、村の女性たち自身で4名を選出し、選出された各人が組合活動の中でどのような役割を担っているかを説明しました。最終決定はガーナWGが行ない、日本側に連絡する予定です。

 そこで、1996年10月に日本への招聘が実現し、その時の岩手での様子を紹介する。

 去る10月12日(土)から16日(水)までの5日間、ガーナのAGLP農村開発プロジェクトメンバー3名の沢内村受け入れを地元の深澤久子委員と分担して担当した。

 現在、農村開発プロジェクト(VDP)はガーナとの2国間で進められており健康管理(母子保健)の向上や生活改善運動(所得創出事業の導入)に重点を置いた活動展開を目論んでいる。

 そこで、この面での主役として女性グループの活動に焦点を当てるという共同作業実例を本年2月に、ガーナのモデル農村であるゴモア・エンプロメムで松山の高岡委員と深澤委員が訪問し紹介してきた。

 相互交流の次段階として、今回日本の農村を実際に見てもらうという「ガーナ代表日本招聘事業」が企画された。

 訪問団は、モデル農村の女性協同組合副理事長エシさん(Mrs.Anuntie Esi Amoakoa)と同事務局長ジェマイマさん(Mrs.Jemima Frimpong)、AGLPガーナ事務局のサムさん(Mr.Samuel Aning)の3名である。

 10月11日、一行はフランクフルト経由で成田に到着し、笹川平和財団の外山由紀江さんが随行してそのまま盛岡入りした。長旅だったのでその日は休息日に充てた。

 10月12日(土)午前は少々冷えたが防寒コートを持参しており問題なかった。岩手県立国際交流プラザで岩手県に関するオリエンテーションを行った。同プラザには当方のメンバーである宮順子岩手県国際交流協会職員がおり英語版の県紹介パンフレットを用意してもらった。

 たまたま、「少年ケニアの友・岩手の会」がケニアの孤児達に贈る楽器や運動靴の収集日に当たっていて和山千香子事務局次長とも懇談できた。

 沢内村に移動する際に、小岩井農場に寄った。今は、すっかり観光化されてしまったが創業百年を越す日本一の大規模農場は、酪農を中心とする複合経営と農業の近代化に貢献した研究事業を併設していたので太平洋戦争後の土地解放の際も例外的に解体を免れたのである。歴史資料館にはハイカラ好きの宮沢賢治が生前こよなく愛した当時の雰囲気が感じられ、畜力利用もあったものの殆どが人力に頼っていた記録写真も多く参考にしてもらえたと思う。

 午後からいよいよ山伏トンネルを抜けて沢内村に到着。リゾート施設である沢内銀河高原で健康管理課主幹の佐々木正道氏と深澤保健婦長と落ち合い、先ずは同施設内にある「森の館」でわら草履、こけし、押し花葉書などの手工芸体験をした。

 ここでは、稲作指導で友好関係にある中国からの訪問団とも出会った。

 高齢者創作館でのアケビの蔓細工を見た後、今回の滞在でお世話になる増田沢内病院長夫妻や通訳も担当してくれるダン・ダニエル英語指導助手を交えて歓迎会を開催した。

 その後女性組3人は深澤婦長宅、男性組2人は佐々木主幹宅にホームステイとなった。サムさんは、着物に着替えてくつろぐなどの持て成しを受けた。

 沢内では多くの家庭が2世代同居であり、アフリカの伝統生活と共通していることなどの話が弾んだ。

10月13日(日)は、北上保健所管内の北上市・湯田町・沢内村合同の女性参加型健康フェアーを視察した。千葉保健所長から沢内村がこのような活動展開してくれるのは意義あることだとの激励を受けた。

 今回は、気功・ヨーガ・水中エクササイズの体験と温泉入浴、ハーブの効用で運動と休養に力点を置いた内容で中身はともかく啓発普及活動事例とした。

 その後、棟上げ式の餅撒き準備に参加した。親類・近所の女性が30人ほど集まり紅白の餅をビニール袋に入れる作業に飛び入り参加した。深澤婦長は実行型研修を心がけているのと村民の方々が非常に親切なのでどこでも感銘を受けた。

 最後は、脊髄麻痺の在宅看護を見せてもらった。

 10月14日(月)はダンさんが同行し沢内病院での成人病予防健診の見学後、沢内第一小学校を訪問しガーナの紹介や給食を共にするなどの交流を行った。

 午後は、大豆加工作業として黄粉の利用と農協加工場でキノコの缶詰作製工程を見てもらってから、沢内病院の医師住宅の上棟式に立ち寄り餅つきを行い、まさにフーフー造りと同じであることを再認識したと喜んでいた。

 夜は、ホームスティ先の増田邸で英会話のクラスにゲスト参加で盛りあがり、同席の小学校教諭の発案で翌日の猿橋小学校の訪問に繋がった。

 10月15日(火)は、深澤婦長の家庭訪問に同行し8月8日生まれの乳児検診を見学し、その後70から80もあった乳児死亡率を1962年に最初の0を記録した当時の経過を既に退職された田中保健婦から聞き取りした。

 看護婦として赴任したが、盛岡で改めて保健婦資格を取り家庭訪問活動を展開し、衛生改善のためにたくさんの集会を開きながら次第に村全体の取り組みとなって目的達成した話は実践者の重みがあった。

関係者の昼食会でジェマイマさんから聞いた感想は、村の人たちの心からの歓待がとても嬉しかったことと花に囲まれた環境美化活動を見て自分たちに欠けていたが、すぐにも実現可能なので取り組みたい。小学校での設備不足はともかく色々なアイデアを学ぶことができたと感謝を表明していた。

 午後は、前述の猿橋小学校から全校演奏を聴かせたいので再度の訪問を求められ、たまたま女性の校長先生ということもあり短時間ながら感動させられた。

 深澤婦長に見送られて沢内村を後にし、藤井先生の紹介で盛岡農業高校を訪問した。

 ここは、規模的には日本最大でありしかも翌日は校舎の新築落成披露を控えて活気溢れる施設見学と、寮の生徒との交流を楽しんだ。盛岡さんさ踊りの歓迎やガーナでは大学にも匹敵するような設備に驚嘆しながらも生徒達がアフリカについての知識に乏しい点にはいささか失望も禁じ得なかったようだ。

10月15日(水)、沢内村の大邸宅から我が家の狭苦しいホームスティではあったがガーナから岩手大学に来ているトーマス夫妻とも交歓でき、久万町への移動には花巻空港から松山に向けて岸上みち枝研究員が随行することで任務終了とさせていただいた。

 以上の経緯をふまえて1997年10月に昨年の来日成果の確認と今後の活動展開の確認のため、日本側がガーナを訪問した。

 メンバーは沢内村加藤昭男前教育長・久万町名智郁子明杖生活改善実行グループ長・同じく岡信一教育委員・笹川平和財団岸上みち枝主任研究員に加えて本多康造が日本WG委員長として参加した。

 10月8日(水)午前はガーナWG(GWG)事務局担当のInternational Exchange Programにおいてのプロジェクト会議を行った。

 GWG出席者は野口記念医学研究所のジョージ アーマー医師・チャールス イェボアGWG委員長・サミュエル アニンIEP職員・笹川アフリカ協会から間遠登志郎氏と通訳がハリエット アカンモリ女史(前橋で5年間滞日)であった。

 報告要旨は、ゴモア・エンプロメム村の女性組合の進展状況が組合員の増員・ケンケイ原料のメイズ生産畑を2エーカー確保・製粉機格納庫建設・組合経営視察・銀行口座開設・アパム郡役所から専門指導員の支援等々の輝かしいものだった。

 さらに昨年の来日視察の成果として、村の清掃キャンペーン効果で衛生環境が清潔になったことと野菜摂取活動をあげていた。

 日本側としてはそれぞれ助言はできたものの共同作業支援に対する取り組み体制がこれからである旨の経過報告をした。

 10月9日(木)はゴモア・エンプロメム村に移動。昨年来日メンバーの一人ジェマイマ フリンポンさん(夫が村のオピニオンリーダー)宅に立ち寄った後、長老達に村入りの挨拶の儀式が執り行われた。これで一行の滞在が祖先の霊にまで伝えられたことになる。

 その後、村内を視察した。完成間近の集会場も兼ねる製粉機格納庫前で記念撮影し、学校ネットワークの生徒達との交流から生まれた物干し台(地面に拡げて干すと皮膚寄生虫感染の危険がある)や保育所など改善点を見せていただき、その後大酋長(ナナ)宅で昼食をご馳走になった。

 その夜は、近くの教育大学もあるウィンネバ町のリゾートロッジでギニア湾の波音を聞きながら眠ることとなった。

 10月10日(金)村を再訪して女性組合とのワークショプを開催した。名智さんが岡氏作成のパネルを用いた各栄養素を適正摂取する栄養改善のプレゼンテーションを行い、現在村で学習している方法との比較なども織り込んだ。岡氏の特産品づくりのノーハウや加藤氏の保健優先の価値体系の重要性の提案による意見交換も実施した。私も電気機器が手軽に使えない状況での視覚教材による学習効果向上についてデジタルカメラで沢内で過去に利用したスライドの見本を示してポスターづくりを勧めた。

 その後は女性組合員によるガーナ料理のデモンストレーションが披露された。

 ミレットの茎で着色した豆ご飯はまさに『赤飯』であったし、プランテン(クッキングバナナ)とキャッサバでつくるフーフーは『餅』であり料理方法も日本のものと殆ど変わりなく特に加藤氏は「母親の姿を見るようだ」と感銘を深くしていた。

 メイズ粉でつくるケンケイは、まず練り上げたものを放置するとナチュラルイーストによる発酵が風味や保存性を増し、それから熱湯に溶いて形づくりをして保存していたバナナの葉で包み、さらにこれを長時間煮あげて製品となるものである。

 この地方では人気の高い主食で村のマーケットでも大きさによって1個100,200,300セディ(1円=約15cedi)で売られていた。

 今年のメイズの収穫は思ったほどでなかったとか製粉機を購入していないなど未だ安定出荷できるまでになっていないが、今までの販売金は全て組合活動に還元しているとのことだった。

 村の前の国道は、各所でケンケイ売り場が建っておりゴモア・エンプロメム村の販売所が知られるようになるまでの課題は多いもののやる価値は十分にある。

 再び、ナナ宅で昼食となりナナ夫人と組合員が作ったものが並べられ大ご馳走であった。

 10月11日(土)朝エルミナの魚市場を見学。この地方は漁業で有名な所で海岸沿いに燻製小屋が立ち並んでいる。

 午前、世界遺産であるケープコースト城で奴隷貿易などの資料館を見学した。

 午後はゴモア・エンプロメム村の年間最大行事であるアクワンボフェスティバルに参加の予定であったが、名智さんの体調が悪く急遽お暇の儀式にのみ参列することに同意してくれた。この祭りに帰省した人も多く大変な賑わいの中、楽器を鳴らした先導に続いて村内を行進して村入りの時とは別の場所に長老達が集まり、略式で設営してくれた。

 ナナは儀式では客とか村人に直接話をしないで、スポークスマンを通じて意を伝える風習となっている。その言葉は「このプロジェクトのおかげで村の女性が活発になり、村が活気づき大変よいことだと認識している。男達がうらやむほどの変化で結構なことである。今後も長い付き合いをしていこう。」というようなもので感激した。


 「金のべごっこ」など日本の民芸品をおみやげとして献上したら、儀式で使っていた指図具であるボディア(尻尾という意味で蠅払い)をいただいた。

 記念写真を撮影して、村とお別れをした。本当に初訪問と感じさせない心のこもった歓待であった。


 写真18
 (建築中の久万町の畑野川生活改善グループが建てた女性の館「さくらぎの家」をモデルにした集会所兼製粉機設置所。
 手前に見えるのは物干し台。洗濯物を直接地面に干していたのを学校ネットワークとの交流で改善した。
 その後順調に電動製粉機を購入しケンケイの増産につながっているとの報告が来ている。)


農村開発事業に戻る