学校ネットワーク事業(School Network Project)

設立までの経緯

 このプロジェクトの日本側推進者である「日本ワーキング グループ」は、元青年海外協カ隊アフリカ派遣隊員を中心とする約30名のボランティアグループで、アフリカに対して「地域に根ざした」新たな国際的関心や国際貢献の動きを起こすために1993年4月に結成されました。

 このグループの働きかけにより、ガーナ、ケニア両国に日本留学経験者を含む10名前後のボランティアからなるワーキング グループができました。互いの滞在経験を活かし、周囲の人々や専門家・団体の協カを得ながら、3国間の相互理解を深める「アフリ力 グローバルリンク プロジェクト」は、これら3ヶ国のワーキンググループによって立案されたのです。

 ワーキング グループは個別の企画会議による準備の後、1994年3月に盛岡、1995年3月に福島で3ヶ国協議会と公開国際セミナーを開催し、日本とアフリカを結ぶ事業の実行を働き掛けました。「学校ネットワーク」「農村開発」「インフォーマル・セク夕ー」の3事業の構想が一連の会議と日本の関連地域訪問の中でまとまりました。

 これら3事業は、パートナー地域同士が対等の立場に立ち、双方の地域レベルの共通課題(例えば、地域づくりや次世代の育成)に関して協働事業を行うことによって相互理解を深めようという、日本とアフリ力をつなぐユニークな試みです。

 笹川平和財団は、日本の地域の国際化を推進するための「地域の国際化プログラム」の自主事業の一部として、このプロジェクトの形成と実行にたずさわってきました。また財団は、3ヶ国間及び日本の参加地域間を結ぶ国際・国内事務局として機能しています。

学校ネットワーク事業の目的と活動内容

 学校ネットワーク事業の目的は、アフリ力でのボランティア活動の経験者に地域の様々な団体や人々が協力し、アフリカを理解する若い世代を育成することです。高校生のクラブ活動を媒介として、地理的にも文化的にも遠い日本とアフリカの間に、市民レベルでの理解と協カの輪を広げていくことを目指しています。

 日本、ケニア、ガーナの実業教育を重視する高校がそれぞれAGLPクラブを組織し、ネットワークを結んで、電気・工業・農業等の分野で実生活にかかわりのある共通テーマを選んで「課題学習」を実施しました。

 研究テーマはアフリ力の、特に農村部における課題です。

−安全な飲料水の確保

−エネルギーや資源の効率的な利用や再利用

−食物の保存と栄養改善

を念頭に置いて決められています。

 また各国で研究を行う際には、

−生徒たちの自主的なイニシャティブに基づく研究であること

−その土地で入手可能な材料を用いたものであること

−無理のない予算であること

−アフリカの農村で研究成果を問うことのできるもの

が条件となっています。

 AGLPクラブのメンバーは、アフリカの農村の人々の生活を調ベ、知識を深めた上で課題研究に取り組みました。各国で参加クラブの研究成果の発表と交換が行われ、それらの中から優秀な研究と積極的に取り組んだ生徒が代表に選ばれ、毎夏行われる「国際交流プログラム」に参加します。

 「国際交流プログラム」は2週間程度の日程で、研究発表や課題に関係する施設の訪問、開催地域の文化等を紹介するスケジュ−ルが組まれ、1995年度はガーナ、96年度はケニア、97年度は日本で開催されました。

 AGLP学校ネットワーク事業は、従来の高校生の国際理解や国際交流事業より一歩進んだ新しいアプローチを試行してきました。

 その大きな特徴は、

1)参加地域が協働活動を行うことによって、相互理解をより深めるものであること

2)高校生のクラブ活動に、地域の人々が知識や資源を提供して協カ体制作りに努め、地域に根差したアフリカ理解活動を行っていること

3)アフリカの2ヶ国の参加により、より深いアフリカ理解を可能にしていること

4)専門科目を持った高校を中心とした実践的な研究であること

と言えるでしよう。

 高校生個人の高度なアフリカ研究やアフリ力理解を推奨するのではなく、アフリ力をより深く理解するためのクラブ活動や、地域活動の広がりに重点を置いています。

 一方、ケニアやガーナでは、大学ヘの進学率は全体の2%程度です。この学校ネットワーク事業に参加している普通高校は、皆著名な高校で進学競争が非常に厳しく、エリートを目指しての受験勉強が猛烈に行われています。

 また技術専門学校では、高度な技術を習得して、技術分野の管理者となることを希望する生徒が大半です。しかし実際の雇用状況は非常に厳しく、卒業しても希望する進路に行くことのできる生徒はごくわずかしかありません。

 高校で施されている教育内容と、社会的なニーズとの大きな乖離が問題となっています。進学する生徒にしても、あるいは社会に出て生活の資を得る生徒にとっても、自分たちの社会の問題にどのように対処していくベきか、より現実に即した思考や行動が求められています。

 また社会の階層差が大きく、普通高校と技術専門校との間の交流は殆どありません。

 ケニアとガーナのAGLP学校ネットワーク事業では、

1)自らの国の農村や都市の貧困層の問題に、より実践的な方法でアプローチすることを勧め、行動に導くクラブ活動を行つていること

2)普通高校と技術専門校生徒の交流の機会を与え、相互の研究交換や協力を促進していること

3)日本滞在経験を持つ留学経験者等が日本の体験や状況を伝え、日本との共同作業を円滑にするよう努カしていることが、特長になっています。

 現在、クラブ活動に参加している生徒数は、日本の高校では各校平均10名程度、アフリカ側では各校平均30名程度です。また、ガーナには卒業生クラブもできています。

3年を終え−新たな活動に向けて

 1995年度から本格的に始まったAGLP/学校ネットワーク事業は、ガーナ・ケニア・日本の国際交流プログラムを終え、一巡しました。

 アフリ力と日本はやはりとても遠く、文化や慣習を互いに理解することには多くの困難が伴います。しかし、世界が抱える問題を各地域の人々が共通して考え、対処していかなければならないこの時代にあって、アフリカを理解することの大切さは一層深まっています。

 この事業では、日本とアフリ力の間で人材を育成し、協力の枠組みを作り上げようとしています。活動内容を充実させながら、組織を作り、周囲の環境を整えていくことが大切です。

 短期間で性急な成果を求めるよりも、むしろ各地域の自立した活動を如何に持続し、発展させることができるかが、成果を評価する判断基準になります。

 3回の国際交流プログラムに参加した延ベ人数は152名。アフリカ側では平均約30名、日本側は平均約10名が各AGLPクラブに参加していますから、AGLPクラブメンバーの総数は、3ヶ国でおよそ270名にのぽります。

 また、大学の受け入れ人数が限られ、一方では進学希望者数の増大とのミスマッチが起こっているガーナでは、高校を卒業し大学入学資格を得ても、大学入学まで数年待たなければなりません。学習意欲を継続させるために、卒業生たちのAGLPクラブが、自主的に活動しています。

 一方日本では、2校で始まったこの活動が3年間を経て9校に拡大し、地元のPTA、国際交流協会、企業などからの認知や協力を得ることができるようになりました。

 活動に参加した人たちの間では、相互の地域や国への興味が深まり、多面的な理解への道が開かれました。研究成果の交換をする中で、古紙から作った燃料の研究やコンポスト等、他のクラブの発表がきっかけとなった研究の継続や進展が見られます。

 課題研究は、あくまでもアフリ力の農村で成果を問うことができるものに限られていまずから、農林業や食品化学、電気エ学等の基礎的な実験や機具の製作等で、日本では専門科目を持つ高校の生徒たちの活躍の場になりました。

 また、日本以上に厳しい受験戦争に明け暮れるケニア、ガーナのエリート校の生徒たちにとって、自分たちの国の問題に実践的に対処するクラブ活動に参加する意昧は大きいものでした。

 事務局以外の参加者は全て、ボランティアとして熱心にこの活動にたずさわりました。毎年クラブ活動の遂行や国際プログラムの準備に必死でしたから、3年を経て振り返ってみると、反省すベきことや改めていきたい点もいくつかあります。

 ともすればアフリ力に行くことが目的となり、行くため参加するための研究となり、本来のアフリ力理解のためのクラブ活動という主旨が逆転してしまう現象が見られたこと。

 指導教諭の熱心さのみが先走りし、生徒に依存心が生まれ、自主性に基づいた研究活動を喚起することが困難になりがちなこと。

 アフリカでのボランティア活動の経験を持つ多くの青年海外協力隊帰国隊員の積極的な参画を促す仕組みができなかったこと等です。

 本年度の日本における国際交流プログラムには、多くの日本の高校生や教師が参加しました。プログラムの後半に開かれた評価会議の結果、次のようなことが合意されました。

−関心を持続させ、自主的なクラブ活動を促進するために、生徒たちがニューズレターを作り交換すること。

−日本、アフリカのいくつかの参加校で既に可能になったインターネットによる、より直接的な意見交換を試みること。これらを通して、生徒あるいは高校間の直接的なコミュニケーションを実現すること。

−AGLPクラブ活動への地域の理解と協カの輪を一層広げること。

−並行して行っていたガーナと日本の地域間の農村交流事業を引き継いで、日本の農村の開発経験や生活改善運動を学校ネットワーク事業に参加する高校生に伝え、アフリ力の農村問題を研究する一助にすること。

 新しいプロジェクトの展開に向けて、活動が既に始まっています。次の世代を担う若者を地域の人たちが育てる、このAGLP/学校ネットワーク事業のこれからの発展を見守っていきたいと思います。

笹川平和財団 主任研究員 岸上みち枝  

 (本稿は1998年3月31日笹川平和財団発行の『学校ネットワーク事業の3年間』から引用しています。)

AGLP Homeに戻る