インフォ-マルセクター プロジェクト(Informal Sector Support Project)

プロジェクトの概要と進捗状況

 開発途上国の都市では、路上や裏庭で各種の零細な物売り・修理・細工・製造活動を見かける。全体として無視できない規模ながら、公式の統計にも乗らないこのような活動を一括して「インフォーマル セクター」と呼ぶ。

 車の修理・木工・皮革細工・食品加工等の活動をしている雑業従事者の中で上昇志向の強いいくつかの企業家を選んで、彼らの望ましい発展を助けるために、日本とアフリカの ワーキング グループ(WG)が共同で側面支援の活動を組み立てることを目的としたプロジェクトである。

 このプロジェクトは当面日本とケニア間の事業として組み立てることとなり、1995年12月には名古屋の「自立のための道具の会」と、高山市近郊の木工塾「たくみ塾」の代表がケニアを訪問し、ケニア側の企業家支援団体も含めた合同企画会議を行った。

 ケニアWGは、各々経験・規模・所在地の異なる木工業者3名と金属加工業者3名を企業家支援団体の協力を得て選定した。支援企業同志の協力体制の確立による、相互の情報や技術の伝達を促進しながら、各段階でのニーズの特定、企業発展に必要な分野の訓練教育の模索を通して、職業を育てる過程をモニタリングし、3〜5年間を目処に開発のひとつのモデルを提示することを目標とする。

 日本側の参加の仕方は、例えば日本の中小企業の発展に寄与した支援体制の例示や、発展過程での企業家のニーズとマーケットの変化などを、実際の日本の経験者との繋がりの中で伝達していくこと等が考えられる。

 1996年11月には選定された業者の代表1名と職業訓練校経営者1名、小規模金融団体代表1名が日本を訪問し、日本の中小企業の発展と支援体制、技術レベルを視察した。これをもとに、日本とケニアが共同で、生産性と技術の向上のために必要な訓練スキームを考え、関係団体の協力をあおぎながら、スキームの実現をめざした。

 その後、ケニア側のWGや事務局体制の対応と日本側で受け皿となる青年海外協力隊帰国隊員の配置が構築できなくて途中挫折となってしまった。

 (協業グループとしてのJua kaliを想定していたが、上位グループが対象となってしまった。しかも、日本側で実践的に応対できる現場を持つ青年海外協力隊帰国隊員の介在を構築できなかったため、その後の進展は図れなかった。)



AGLP Homeに戻る