AGLPとは?

(1994年3月 AGLP設立岩手会議の記録から抜粋したものです。)

 一般に、多くの日本人にとって「アフリカ」は、未だに飢餓、内戦、野生動物の国といった片寄ったイメージで塗りつぶされています。一方、多くのアフリカ諸国の人々にとって「日本」は、電気製品、車の造られる国としてとらえられています。ここに共通するのは、お互いを国として、あるいは、「事件」としてのニュースや「物」を通して理解しても、そこで生活する人たちの考えやその地域の特性、多様性を視野に入れて意見交換すると言った幅のある交流がないというのが現状です。こうした中、国際交流を双方の地域の特性を理解し、双方の意見を尊重し合うことのできる人たちによる新しい国際交流・国際協力関係を構築する必要があると言えます。

 笹川平和財団は、国際理解と国際協力の推進を目的として、1986年に設立された民間の公益団体で、国際的活動を進めるための人材の育成と諸外国とのコミュニケーションのパイプ作りを進めて日本の国際化に努めています。そうした事業の中でも、昨今の民主化の流れの中で、市民の生活の場である「地域」が活性化してきている事を背景として、地域から国際化のあり方を考えて行こうというのがこの「地域の国際化」プログラムです。そうした「地域の国際化」プログラムの中でも、アフリカ諸国との国際理解・国際協力について「地域」を発信元にして考えてみようというのが、「地域の国際化:アフリカプロジェクト」です。

 1993年4月から始められた地域の国際化:アフリカプロジェクトは当初、ガーナ、ケニアの他にタンザニア、ザンビアへも日本側と同様にワーキング・グループの形成を呼びかけました。その結果として、ガーナとケニア、そして、日本にワーキング・グループが形成され、お互いの意見を交換し、相互理解を深めていくためにどの様な「共同作業」が実施可能なのかを考えました。

 幾度かの意見の交換をした後、1993年8月に日本側ワーキング・グループ代表が2班に分かれて、ガーナ・ケニアのワーキング・グループを訪問し、直接話し合いと事業の可能性に関した調査を行いました。

 以上の認識に基づき、ガーナ・ケニア・日本のワーキング・グループ間での「共同作業」の実践による相互理解を目的とした行動計画を実践することに合意しました。この「共同作業」は次の原則に沿って進められるものです。

1)この「共同作業」は、全ての参加グループの共通の認識を基本に進められるもので、その為に参加グループ間の連携と平等な対話を共通認識形成の手段とします。

2)この「共同作業」は、全ての参加グループ間の合意のもとに設定されたテーマに沿った、各地域の特色を生かした分担作業です。

3)この「共同作業」は、そのイニシアチブを地域発信型として、そのために関係地域の有効資源を活用していきます。

4)この「共同作業」は、ガーナ・ケニア・日本以外のグループに対しても開放的です。

 名称

 この「共同作業」の名称は AFRICA GLOBAL LINK PROJECT を使用します。これは、アフリカ諸国との相互理解・国際協力を目指し、更にアフリカ諸国の地域を中心として、世界各国の地域との LINK を広げていくという意味です。

 「共同作業」

 相互理解・交流を深める手法として、このAFRICA GLOBAL LINK PROJECTでは、関係グループ・人々の「共同作業の実践」を通した相互理解・協力を選択します。1994年度の「共同作業」として、次の3つのプロジェクトの実施が決意されました。

1) 学校ネットワーク事業 SCHOOL NETWORK PROJECT

2) 農村開発事業 VILLAGE DEVELOPMENT PROJECT

3) インフォーマルセクター支援事業 INFORMAL SECTOR SUPPORT PROJECT


AGLP Homeに戻る