農村開発事業(Village Development Project)

(本稿は学校ネットワーク事業との連携のため発刊した『農村開発事業』-高校生に伝えるもの-からの抜粋です)

 農村開発事業は、AGLP設立岩手会議の記念講演で岩手県の寒村で1962年に乳児死亡率0を達成した沢内村の事例報告を受けてガーナ・ケニアにモデル農村を選定し、村民の参加と自助努力で生活改善に取り組む活動が展開していくように側面からの支援活動を実行していくこととなった。
 翌1994年度には、3ヶ国ワーキング グループ(WG)の協力により3共同作業について企画の具体化と実行計画準備のための作業を開始した。

 「農村開発」プロジェクトはケニアでの企画会議に向けて国内の活動地域として岩手県とともに、青年海外協力隊女性帰国隊員有志が結成しているWAAの仲介で、愛媛県で長年生活改良普及活動をしてきた高岡エミ子さんを招聘した。そして同県久万町に女性が主体的に生活改善運動をしてきた実績を持つグループの事例を紹介していただいた。

 1995年3月11日〜12日に福島市で、ガーナ、ケニア両WGからそれぞれ8名のメンバーを迎えて3ヶ国協議と一般に向けての公開国際セミナーを開いて、共通理解と親睦の輪の形成を図った。そして、セミナー後のアフリカ側メンバーによる各プロジェクトごとの日本国内諸地域の研修訪問を沢内村と久万町が引き受けることとなった。

 このことを通して、日本の地域づくりの経験の伝達と双方の地域レベルの共通課題(例えば、次世代の育成)に関する共同作業の実施を軸とする事業実施の展望が得られた。

 他方、2年間の準備期間の対応状況を考慮し1995年度からは「学校ネットワーク事業」は、日本、ケニア、ガーナとの3ヶ国で継続するが、「農村開発事業」は日本とガーナとの、「インフォーマル・セクター事業」は日本とケニアとの二国間共同作業に編成替えしてスタートした。

 これに先立ち、ガーナのモデル村確定は「農村開発」プロジェクト代表であるジョージ アーマー博士(ガーナ大学医学部野口記念医学研究所勤務・大阪大学医学部に留学した。)の縁でゴモアエンプロメム(Gomoa Mprumem)村に決まり、ガーナWGが村人との改善点の明確化、具体化に向けて対話を開始した。

 村は、「貧困からの開放」が第一であるとして作物栽培のための土地開墾用のトラクターの利用、収穫物保存のための貯蔵庫の必要性、家庭用・農業用の水資源確保のための井戸掘りなど、具体的な援助を強く要請してきた。

 ガーナWGは当初方針に基づいて、AGLPは様々な援助機関の過去の事例を踏まえて、以下のようなアプローチを取ろうとしていることへの合意形成につとめた。

 すなわち、1)AGLPは物の供給者ではなく、村人の自立を支援し、助力する役割を果たすこと。2)村の女性と子供の健康と栄養改善を、プロジェクトの目標とすること。3)日本とガーナの、共同プロジェクトを行うこと。4)日本とガーナの村の連携を目指すこと。そして、例えばトラクターの便宜供与には応じる兼ねるが水牛利用はどうかとの代替案を示すなど定期的な討議を続けた。

 日本からは、この時点(1996年2月)でモデル村視察のために愛媛県松山市の高岡さんと岩手県沢内村健康管理課の深澤久子保健婦長に出向いてもらい直接対話の機会を持った。

 二人は村をあげての大歓迎を受け、それぞれの専門分野の立場から日本の農村における生活改善達成の中で女性たちの団結による活動がいかに大きかったかを視聴覚機材を利用して村人に提示した。

 また、短期滞在にも拘わらず村の状況を各方面から調べて日本側の共同作業にむけての情報を取り揃えることができた。

 ゴモアエンプロメム村はこの地域の伝統的風習で男性優位社会ではあったが、二人の直接訪問やガーナWGのフォローもあって女性による組合作りを開始した。

 そして、同年10月に誕生した女性組合の幹部2名(副理事長・事務局長)を、ガーナWG事務局担当団体の引率で日本のパートナーである沢内村・久万町に招聘した。

 主プログラムはこの2月にガーナで紹介してきた保健衛生や所得創出を築き上げた歴史的経緯や実際に係わった多くの人との交流の中で理解を深めてもらい、さらに新築祝いの餅撒きの共同作業・地元の学校との交流・郷土料理紹介・林業祭り等々への参加で様々な体験を積んでもらった。

 この二人が日本で吸収してゴモアエンプロメム村に持ち帰ったものとガーナWGの継続支援が「学校ネットワーク」AGLPクラブの援農を兼ねた交流や組合活動強化となり、全村清掃活動を月1回から毎週実施に増やすクリーンキャンペーンの実施や、その地方の主食であるトウモロコシ粉の発酵食品ケンケイの販売事業の開始・組合加入推進・銀行口座開設・保健学習・製粉機設置所兼集会所施設の建設等々、村の男性がうらやむほどの変容ぶりとなって具体化してきた。

 これらの実情報告を受けて、1997年10月に再び日本側から収穫に感謝し祖先の霊を敬う村一番の大祭に合わせてガーナを訪問することとなり沢内村・久万町・日本WGの代表5名が、村を離れて生活している家族も戻っての大変な賑わいの中で二度目のワークショップを実施した。

 村の長老達との「村入り」儀式を手始めに、今年のトウモロコシの出来が思ったほどではなかったと云うものの、女性組合員との交流で確かに歩み始めた組合活動を実感することができた。

 いよいよ製粉機の購入など懸案課題を達成のためには困難も予測されるものの、好ましい状態で活動展開を続ける女性組合を見守り支援する段階で、AGLPも笹川平和財団の5年間の全分野直轄事業から「学校ネットワーク」に集約して自主活動の拡大へという時期を迎えることとなり、その節目として農村事業が関わってきた地域事例を紹介し、今後の交流に活かしてもらうこととした。 

AGLP Homeに戻る