ワタシ愛車アイシャレキ
HONDA Z360のコロ
 '75年秋、アフリカから戻ったら派遣前に乗っていたダイハツの軽乗用車Maxが、弟の仕事の都合でBluebirdUのバンに変わっていました。結婚までの一年はそれとオートバイ・ホンダドリームCL350を併用していました。
 翌年の結婚を機に、CL350は車検切れとなったので中古で買っていた映画『個人教授』で有名なLittle Hondaで代用。四輪車は嫁さんの伯父からハリスト教会近くの家を借りることになり、路地が狭かったので弟が乗っていたHONDA Z(360)と交換しました。リッター当たり100馬力の名車は走りも快適、助手席も近く新婚時代には理想的?であったように思います。
 当時の軽自動車としては破格な5段ミッションでした。通りすがりの3人連れの小学生の一人が、窓が開いていた助手席から何気なくのぞき込み、シフトノブの変速図を見て驚きの声を上げたことがありました。
 元々中古購入で4万粁を超えたら座席の綻びがひどくなったので、廃車のSavannahから運転席を流用したのでかなり立派になりました。遠出の時はBluebirdUを借りていたので、富山から戻ってくる母と叔母たちを迎えに秋田駅まで行ったのが最遠方でした。
 シタ写真シャシン長男チョウナンが2サイゴロ地吹雪ジフブキナカ到着トウチャクした津軽ツガル十三湖ジュウサンコです。まだバシがありました。
 職場では車長10mを超える検診車を運転していた頃で、やはり5段ミッションでしたがセカンド発進を常用するためかシフト位置が違っていました。同僚からは通勤と業務での車の大きさが極端に違うことを揶揄されていました。
 微笑ましい逸話は長男が床屋さんでの会話です。飽きてきてじっとしなくなり、困ったお姉さんが「僕んちの車は何?」と気を逸らすために尋ねられ「Zだよ」と答えたら、彼女がびっくりして「えっ!いい車に乗ってるのね」とFairladyと勘違い。息子は知らずに「うん。そうだよ」と自慢。何せ車に乗ると「もっとスピード出せ!」とお気に入りの車でしたので。
 しかし'80年の春先。泊まり出張で職場の駐車場に置いていた愛車が、雨交じりの大雪で、隣の屋根から雪止めを越えて落下したため座席までつぶれました。雪を取り除き中から戻したら一応元通りで安心していたら、梅雨時頃からペイントが浮いてみすぼらしくなりました。
ホームにモド