HONDA Balladeのコロ
 この年は次男の誕生と自宅新築が予定されており、経済的にはともかく、そろそろ軽自動車を卒業できる環境でした。先ずは店頭でCivicに試乗したものの運転席のスライドがZよりも狭く窮屈でした。それで新車購入を見送り、引っ越し後に適当な中古を探す算段をしていました。
 そうこうするうちにHONDAが英国進出を機にBalladeを売り出しました。幸か不幸か運転席にCivicより3cmの余裕がありました。しかも、Zに希少価値があるのか22万円で下取りと云うことで購入決定となりました。
 ただし、車は現金払いしたのですが家の方の資金目処が大変で、300万円の銀行ローンを元金そのままで2年借り延べ、毎月2万円の利息払いを続ける羽目になりました。
 この車はマニュアルミッションに比べると割高でしたがホンダマチック仕様にしたので、助手席のガンダム好きの長男が「発進!」と声をかけ★スターレンジにシフトするのが常でした。ファミリィカーとしては及第点だったと思います。
 それと、岳父の奨めもありスキーを再開することとなりました。スキー用具の進歩と防寒具の性能向上で夢中になり、キャリアを購入して県内のスキー場を走破しました。一方、職場で車が不足して冬の高速道路を業務で走ったりした影響と、タイヤハウスのカバー装着がなかったこともあり、融雪剤のため6年目にはフェンダーに穴があきました。
 幸い弟が車屋に勤務しているので8万円の格安料金で全面塗装をして外観はよみがえりました。内側は二人の子供のためにかなり汚れていたのでシートカバーを取り付け見違えるほど良くなりました。また、実家の間伐材を利用して車庫を造りました。
 次男が小学校に入学するので、かみさんが退職し家事専念ということになりました。('87年)
 6月に、たまたまオートバイの中古展示があり何気なく立ち寄ったらホンダVT250Zというたった750km走行のノンカウル版がありました。車検不要で通勤用にもってこいです。保険付きながら36万円?千円とやや高額、マフラーに転倒歴もあったので、店じまい時間でもあり翌日店頭に赴き、試乗させてもらう約束で自宅に戻りました。
 かみさんの弟たちもナナハンに乗っていた環境もあってか、大蔵省からも了解を取り付け翌日の試乗になりました。性能は以前乗っていたCL350を超える素晴らしいもので車体の狂いは感じられません。さて値段交渉と思ったら「既にもう一人欲しい人がいるので端数切り捨ての36万円までだよ」とあっさり云われ決めざるを得ませんでした。
 こちらは次男が大好きで、いつかは後ろで居眠りしながら乗っていて追い越した車に注意してもらったこともあります。その後は、時々腰に回した手に触って目を覚ましているかを確認するようにしました。
 そして、それからずっと年一回位の転倒で傷物になってはいますが、そこそこ手入れをしながら5万粁を越えて未だ現役です。 (注)その後も使い回しており2016年「海の日」翌日、8万粁を突破しました。
HONDA AccordCAのコロ
 さて'88年になり夏タイヤも減っているので、交換前に車両更新でもするかなと、2月にホンダヴェルノにVigorを念頭に下取り査定に赴きました。目標は諸掛かり分ですから25万円位です。結果は5万円不足でした。
 また、弟の所にはAccordの出物が百万程度でありましたが、マニュアルミッションだったので躊躇してしまいました。
 3月になりホンダクリオでAccordCA特別仕様車(スタンダード車にエアコン等を組み込んだもの)が宣伝されたので出掛けて、当方の条件を提示するとヴェテランセールスの方だったようで決算期でもあるし応じますとのことであっさり成約となりました。
 財形積み立てを解約したりして、晴れて憧れのアコードオーナーになりました。1800ccとBalladeより300cc増えて性能がかなり向上、室内も広くコーナリングも申し分ないのに燃費は前と同じです。また、冬季は法規制前にスタッドレスを履きました。用心のため亀甲型タイヤチェーンも用意しましたが八幡平スキー場にも楽々登ることができました。この車にはローレンジがないので下りは結構気を遣いましたが、さほど困った経験はありません。
 とても快適に使い続けていたのですが、五年を過ぎたあたりから雨の日に追突されたり、厳寒の凍結路トウケツロで(丁度阪神大震災の頃でした)前から突っ込まれたりの事故で前後は新しくなりましたが、全体的にくすんできました。
ホームにモド