VOLVO 760GLEのコロ
 '96年7月に、前述の事故で代車に使っていたVolvo760GLEの出物があるとの弟からの連絡で見に行きました。ダークブルーの渋い色に加えて、走行距離が7年間で2万7千粁しかなく車検上がりで80万円程度で入手可能とのことであっさり決断しました。アコードは次年度の3月まで車検がありましたので冬タイヤ分として譲渡しました。(ただし、ホイールは国内物が合わず英国製を別途購入でした)
 ところが、2ヶ月ほどして通勤途上で後部トランク部に接触され修理期間中に再びそのアコードに4週間ほど乗る羽目になりました。というのは、噂通り鉄板が厚くて板金が難しく部品交換となり、届くまでに時間がかかった上に取り付けは後部のガラスを外しての大修理で45万円程だったとのこと。この時バッテリィを外したことが悪かったのか、その後様々なトラブルの遠因だったように思います。
 それはさておいても、80年代のフラッグシップのひとつであり後輪駆動で冬道がやや難点でしたが、逆に小回りが利き、なおかつ高速道路での走行性は伊達に速度計220km表示ではなく大したものでした。
 エンジンオイルの交換コウカン時期ジキがアコードの半分ハンブン(5000km)だったので、角材カクザイでリフティングして自分ジブンでやりました。防錆ボウサビ対策タイサクがしっかりしていたのが印象的インショウテキです。オイルフィルター交換コウカンサイは少々手はかかったものの、北は竜飛岬・南は白山まで長距離も難なく走破することができました。
 しかし、エンジンオイルの漏れとかはともかく、5年目(つまりは12年目)から時々エンジン停止現象が出始めました。2・3分待つと始動するのですが原因不明で、怪しい部品を交換して様子を見るしかありませんでした。  ウエ写真シャシン秋葉原アキハバラモノったときのもの
HONDA USAccordwagon入手ニュウシュ
 偶然にも、2002年7月の車検直前に何回目かのエンジン系コンピュータートラブルで結局廃車とし、9月再びホンダ製品に戻りました。
 こちらも7年物の中古ですが米国産アコードワゴンでフル装備仕様、車重もVolvoに負けないほどありますが、VTECエンジンで何より一世代新しく情報豊富で安心です。それにカーナビ付きで普段通っている道路でも新発見が楽しめます。
 すっかり新車には縁遠くなってしまいましたが、やはり冬道は前輪駆動が偉力を発揮してくれます。
 元々スーパーカブ以来のホンダ贔屓で耕耘機まで同社製品を買い求めましたが、海外では特に、すぐに名前を覚えてもらい、かなり仕事がやり易かったことが現実にありましたのでせいぜい愛用していきたいとの決意でこのコーナーを立ち上げました。
ホームにモド