『里帰り』  
  はじめに  
 
2 運び屋 3 昔のタボラ 4 現在のムワンザ 5 Chawata&TDFT
 
 
 
   青年海外協力隊に参加してタンザニアに赴任してから30年が経過しました。帰国後10年間は遙かにアフリカを思い懐かしんでいましたが、84年暮れにエチオピア旱魃被災民救援の国際救急医療チームに加わり悲惨な現場を見てから、少しでもアフリカを身近に感じていようと自分自身が変化致しました。 
 それから3年に一度くらいのペースでアフリカに出向き、世紀末には8回目を「協力隊を育てる会」の引率団としてケニアに行って来ました。 
 しかし、タンザニアは90年以来疎遠になっていたのが、予てから懸案となっていた『トゥウェンデ』の研修旅行を米澤さんが鍼灸師免状を獲得したことで実現する運びになりました。 
 カミさんからも「同行してもいいよ」と云われていましたので、旅費の心配はありません。7月5日に『トゥウェンデ』の主要メンバーと打ち合わせ今回の研修旅行の骨子を決めました。 
 1.実施時期は公務員の参加予定者が多いので年末年始休暇を利用する。2.旅費は安いほどよい。と最初からクリスマス休暇で最も厳しい時期の設定で二律背反する出だしです。団長は決まっていますので小生が旅行調整員を引き受けて、早速航空券確保から始めました。 
 取り敢えず、ケニアでも世話になった近畿日本ツーリスト(KJT)に、12月20日(土)から1月2日(金)の旅程で打診しました。最初の回答が成田発ダルエスサラーム(DAR)往復が約22万円でした。盛岡発では25万円になってしまいます。これでは2の条件を満たせないのでインターネットで捜したところ、当初目論んでいたエミレイツ航空(EK)の関西空港(KIX)発ナイロビ(NBO)往復が17万円でDARまで同料金で可能しかも花巻空港(HNA)〜大阪空港(ITM)が5千円の上載せで済むというものでした。KJTにこのチケットを扱うかどうかを尋ねたら引き受けると云うことで先ずは一安心と行きたいところですが、繁忙期なので出来るだけ早く確定しておかなければとのことで参加者名簿の提出を急かされました。
 
 
 
   これらの連絡網のためメーリングリストを利用したことで調整員の業務負担を大幅に減らすことが出来ました。また、タンザニアでのインターネット利用も増大しており多くの有益な情報を入手できました。 
 その最大のものがタンザニア国内分の旅行手配で、知人であるジェトロダルエスサラーム事務所の奥所長から JAPAN TANZANIA TOURS Ltd(JATA) の根本社長を紹介して戴き、早速メールを入れたら信頼に足りる内容ですぐ回答がありました。 
 今回は経費の関係もあり事前調査なしの企画だったのと、参加者や日程の両面で変更に次ぐ変更があり、JATAの迅速な手配なしにはとても調整員の役割を果たせなかったと感謝しています。 
 また、繁忙期と格安料金のしわ寄せが行きは大丈夫だった筈の出発日の前倒しを余儀なくされ、帰国便の関係でEKの搭乗はケニアのNBOにせざるを得なくなるなど少々苦心のルートを立てました。加えて参加者に要介護者がおりましたので、当初考えた今回訪問地タボラから自分の赴任地だったムワンザへ夜行列車、そこからセレンゲティ国立公園を横断してという陸路の長時間移動は避けなければならず、チャーター機の定員で苦慮していたところお誂えのグランドキャラバンを使えることでほぼ全コースを確立できたのです。 
 さらには、最後のキャンセル者のところに新たなメンバーを確保したので、航空券の確定がさらに遅れ、タンザニアのビザ申請は郵送依頼に自信が持てず、代行依頼料も団体割引制度がないので、自ら夜行バスで上京して大使館に出向きました。
 
  文頭に戻る  
 
その2に行く
ホームに戻る