その2-「運び屋」    
 
   やっとのこと旅程が確定したところで、今度は「運び屋」稼業です。Twendeの古着に加えて釜石第一中学校からの文房具、そして岩手県社会福祉協議会から車椅子等々です。
 事前研修で各自の手荷物を計算して何キロ持ち込めるかを概算し、花巻の午後便は機体が小さく、また最終便は間に合わないので、結局大阪で約半日の待ち合わせとなるので関西空港まで先に配送です。このサービスまでインターネットで申し込むと安上がりで、自宅まで受け取りに来てくれます。EK日本支社からも車椅子分の超過支払い免除を受けました。
 さて12月18日、いよいよ出発です。花巻空港に車を乗り捨てと云うことで、相乗りで出かけましたが、順調すぎたので空港で長く待つのもと思って高速道路を避けたのが失敗の元。走り慣れている道路なのに、途中で大型トラックの後ろに付いて水しぶきをかぶりながら走行しているうちに、花巻温泉の方に向かっていたのでした。カーナビが左折を指示するのを4号線に出るより県道の方が早いと無視して進んでいたら、何と道路工事中で対面通行規制、しかも交差点でこちらが優先道路でないため5分以上のロスでした。やむなく同乗者から携帯電話で団長に事情説明、やっと着いたのがチェックインぎりぎりでした。
 初っぱなからの遅刻に加えて他の団員に「飛行機を逃しても新幹線で来れば何とかなります」とからかっていたので天罰だったのでしょう。おまけに、セキュリティチェックで思いっきり時間を掛けてしまいました。パソコンを入れたザックに折り畳み工具が入っていたのに気が付かず何度もやり直しです。(ここは一応無罪放免でした)
 しかし、これから先も代わり代わり誰かが何かで何度もチェック対象となり、意外だったのはお土産の天然塩、また自分も帰路のドバイで木彫りのペーパーナイフが乗務員預かりとなり、不着というおまけまで付きましたが半月遅れで入手しました。最後の大阪空港ではコーヒー缶や魔法瓶を開栓してのチェックと厳重なものでした。
 さて、自由行動後の関西空港ではかなり余裕の3時間以上前の集合として手荷物を受け取り、記念撮影をしてチェックインに向かいました。その前にガスボンベなどで何人かが持ち込み制限品を没収されたようです。手荷物をグループ計量するため待っている時に、聞き慣れない言葉で声を掛けられました。かなり親しそうに話すので英語で答えたらトルコの人で「てっきり同国人と思った」とのこと。異人系でパキスタンとかアフガニスタンはありましたがトルコは初めてで苦笑させられました。
 
 
 
 
   ドバイまでのフライトは機内携行物にセキュリティ上の問題があって一時間遅れとなり、19日0時半の出発でした。
 どうせ8時間も乗り継ぎ時間があるので、丁度日の出時刻に到着できたのは好都合でした。また、出入国管理が簡単なので午前を市内見物に充てることが出来たのでダルエスサラームに夜到着の分と相殺できたように思います。
 
 
原図ゲンズ:M.YAMAZAKI
 
     
   さて「運び屋」稼業の第一関門はタンザニア入国でした。話すことができないM君とお母さんが一緒にパスポートコントロールを受けたのですが、会話が成立しなかったので不審がられて帰国便のチケットを見せろと云うことになりました。ところが前述のようにナイロビ発なものですから小生の出番となり、旅行ルートを説明しても納得せず、結局上司の方が入国を促すまで拘り続けられました。
 この時間ロスの間に、既に手荷物を全て受領していたので税関を通る際に先頭がそのままレッドカウンター(申告品あり)に進んでしまいました。ここでも担当官から「こんなにたくさんの荷物をどうするのだ」と質問され「受け入れ証明書を見せろ」など険悪な成り行きになりそうなところで、上官の方から「通してあげなさい」の声がかかりました。多分、グリーンの申告無しカウンターだったらもっとスマートにパスできたのに一瞬の油断でした。
 ともかく、いっぱいの荷物と共に空港の外に出るとJATAの根本さんが出迎えに来ていました。早速荷物をチャーターバスに積み込み、ホテルに向かいました。
 一階の大きな部屋を自分と荷物室に確保し、部屋割り等々を終えシャワーを浴びてから、ビールでも飲もうと思った時に電話が鳴りました。「真奈美さんの部屋は何番か?」ということで教え子からの連絡と思い教えたのですが、間もなく再び電話です。「誰も出ない」とのことなので、かけ直した方が早いと思い電話番号を尋ねたら受付にいるとのこと。早速出向いたら、3人が待っていて「空港から来た」とのことで、団長を呼びに行って感動的再会を横から拝見していました。この時、既に11時を回っていたようでバーは閉まってしまい、飲み物にありつけませんでした。
 翌日は市内見物と教え子たちとの懇親会があり、この席に帰国済みと思っていたJETROのダルエスサラーム事務所長の奥氏が訪ねて来るという嬉しい誤算がありました。
 21日、「運び屋」最後の仕事となるDARからタボラへのプレシジョン航空の搭載です。
根本社長から超過料金についての助言を得ていたので、それをかけ離れたら要交渉と思って空港に向かいました。チャーターバスで空港に入る際ゲートでドライバーがプレシジョンの搭乗口を尋ねたら「こっちではない」と云われて別ターミナルに移動しました。昔は国内もエアタンザニアだけだったので大分変わったなと思いつつ荷物を降ろし始めると同時に、カウンターのチェックに行ったらこちらはザンジバル航空用でした。あわてて荷物降ろしを中止させ、再び元のターミナルに戻りました。荷物の超過分は5万Tshで済みました。
 (概算で8万Tshでしたのでそのまま支払い、任務終了です)
 
 
 
 
 
 
  文頭に戻る  
  その3に  
  ホームにモド