その3-「昔のタボラ」  
   自分が隊員時、最初のムワンザへの赴任途中でタボラ空港が舗装されていないことが記憶の最初です。あとはDARへの列車利用で往路と復路それぞれ一回ずつタボラ駅を通過したことがあり、実際に町を歩いたのは一回だけでした。
 それは最初の休暇(4週間)の時、先ずビクトリア湖を毎日眺めていますのでタンガニーカ湖見物にキゴマに出かけることにしました。列車なら夕方ムワンザを出て翌朝タボラ、夕方まで待ってDARからの列車でキゴマは翌朝です。いくら何でも時間がかかりすぎると夜行バスに乗り、翌朝到着の目論見でした。
 ところがこのバスが不運続きで、ムワンザ湾をフェリーで越えタンザニア特有の波板道路を走行中に後輪のスプリングが外れてしまいました。乗客や荷物を全て降ろして、ジャッキアップといっても大型バスで、しかも夜ですから簡単ではありません。
 修理しているうちに夜が明け、ゆっくりとガレージのある町まで進み最終点検を終えて再び快調に走ったまでは良かったのですが、途中の給油所で軽油切れでした。その先の政府の補給所を頼りに出発したのですが、勤務時間外で鍵を持っている人が所在不明でもう一晩バスに泊まり、結局列車より遅れてキゴマにつきました。
 脱線ついでにタンガニーカ湖に触れると、世界最長で深さがバイカル湖に次いであり透明度が高く、水面下の眺めは龍泉洞級です。同期隊員のところに居候して、ウジジのリヴィングストン博士とスタンレィが邂逅した記念碑などを見て、ムワンザにはバスを避けて列車にしました。
 
 
 
 
   この時タボラに半日いたのですが良く憶えていません。故土屋獣医師が赴任していたのですが、連絡もせず彼の事務所に行ったところ既にフィールドに出かけていて会えませんでした。というのもタボラからは三等車しかなかったので、木製座席の足下に鶏がいたとかの記憶の方が生々しいのです。
 そこで急遽休暇計画を変更し、三大湖の残りマラウィ(ニアサ)湖には、単車(pikipiki)で出かけることにしました。そしてついでにそこからDARに出て、バガモヨからタンガ・モシ・アルーシャを回り、今回チャーター機で通った大地溝帯を越え、4,400km走破してムワンザに戻ったのでした。現在のセキュリティ基準では、こんなことは夢のまた夢となったエピソードです。
 また、今回のツアーで多くの自己紹介の機会があり、自分は"Jina lungu ni HONDA. Kwa hiyo, naitwa Bw.pikipiki."(私の名前はホンダです。それでMr.オートバイと呼ばれています)とやって毎回これで大喝采でした。町で再び出会って鈴木さんとの落ちもありましたが…
 
 
 
  文頭に戻る  
  その4に  
  ホームに戻る