その4-「現在のムワンザ」    
   今回の研修旅行を引き受けた最大の目的は、自分の赴任地ムワンザ行きです。
 当初は、帰路ルートに寄るように企んでいたのですが諸事情で見送りとしました。
 そこで、実質2日間の休暇をもらって13年振りの帰郷を果たしました。列車の運行都合で月曜日の挨拶回りが終わったあと、夜行便を予約していました。(これで半日有効に使える手筈でした)
 定刻運行は期待していなかったのですが、雨の中10分も早く到着した時は感動でした。座席指定を受けるため駅の窓口に行きましたが開けてくれません。乗り損なっても困るし車輌は決まっていますのでそのまま乗り込みました。(地面からかなり高く、旅行荷物を持っての移動なら大変です。チャーター機にしたのは正解でした)
 たまたま入り口のA室が途中のシンヤンガまでの人で「ここにいれば、最悪でもなんとかなるよ」言ってくれ、相方もタボラで降りたようなので相席していたら車掌に呼ばれました。ところが名前が見えないとリストを見せてくれたので、調べるとHONDOになっていたので「これは自分の名前を間違えたのでは」と指摘し、予約が早かったのかやはりA室でした。
 ところでキゴマ行きは出発しましたが、ムワンザ行きはそのままです。タボラから乗ってきた自分に興味をもったか話しかけてきます。彼は電電公社の人で、自分たちがDARを出発した夕方に乗り込んだのです。(飛行機運賃と比較するなら合理的判断です)
 列車内から携帯電話で自宅に迎えの時間修正をしていました。自分たちが最後はンゴロンゴロに寄る話をしたら、「俺は一度も行ったことがない。お前は自分よりタンザニアを知っている」と云うので、ピキピキでタンザニアを一周したことがあると自慢話をしたらあきれていました。結局タボラ発が4時間遅れの真夜中で、当時の蒸気機関車がさすがにディーゼル化していて、シンヤンガで夜が明けました。コンパートメントの相方がそこで降りましたので、その後は一人で自由に使えることになりました。
 
 
 
 
   車窓にバオバブが点々と見えて、雨季が本格的になったので夜明けから畑や田圃ではコブ牛4頭引きプラウで鋤返しを始めています。通常は牛付きと鋤担当の2人でやるのですが、達人は口笛を使いながら一人でこなしています。
 駅に着くと子供たちが飲料水の空ペットボトルを欲しいと寄ってきます。
 そのうち朝食の案内があり、ルームサービスで2ドル程度、ソーセージオムレツにトーストと紅茶が魔法瓶一本と結構なものでした。
 ムワンザが近くなり、バランシングロックが見え始めました。氷河に載っかってきたと云われる花崗岩が微妙なバランスで丘を形成しています。「白ナイル」源流探検のスピークも記録している光景です。
 そのうち急に駅でもないのに徐行となりました。窓から顔を出すと貨車が2両ほど脱線して転がっており、近辺の砂利が新しかったので改修工事中の事故かも知れません。多分遅れはこのためかと納得しました。そしてとうとうムワンザ湾が見えてきました。前2回は空路で来たので、この辺を見るのは30年振りです。大分開発が進んでいました。発電所の外観はさほど変わっていません。そして終着駅に入線しました。

 
 
 
   
   駅近くに最初の2ヶ月逗留したレイクホテルがあり、そこそこ改修されています。
 そこの交差点がFour Waysという環状交差路で雨上がりに単車で転んだ時「あいつはいつもスピードを出して回っているので何時か転ぶと思っていた」との声を聞いたところです。そこから50mが勤務していたムワンザ畜産事務所で13年前はまだ業務を行っていましたが、今回は既に廃墟と化していました。
 先ずはタボラへの帰路便の確保です。ところがバスステーションに行く経路を思い出せないのです。やむなく道ばたで尋ねて歩き始めたら、年配の人に「どこに行こうとしていたのか?」と話しかけられ説明したら「案内しよう」と同行してくれました。裏道に入ったところで、かつてニェレレロードのJOCV事務所に通い慣れていたところと記憶が蘇りました。バスステーションの人混みとバスの台数は昔の比ではありません。
 タボラへの帰りはMohamed Transが良いとの情報を得ていましたので、予約所で座席指定をする際「お前は大きいので最前席のA2が足を伸ばせていいよ」との助言でVIP Classで7千Tshに手数料が5百Tsh加算でした。次は宿ですがこちらはレイクホテルを常宿にしていますのでそちらに戻り、部屋の確保と昼食を取りました。
 シャワーを浴びてから先程見かけていたインターネットカフェを初めて利用しました。
最初のボックスのPCは日本語表示が出来ず席を替わって、アドレスを憶えているところにメールを送信しました。かなりスペルを間違ったのは、キーボードがへたっていて自分の早くもない入力に追随してくれなかったせいもあります。
 そこから住んでいたイサミロ地区に赴きました。13年前のぼろぼろ道路がすっかり生まれ変わり、メインストリートのニェレレ・ケニヤッタ両ロードも通行止めにして掘り返していました。イサミロに通じる道路も同様でした。空港道路や向かいのキルンバは既にほぼ完了していて立派になっています。CCM(革命党)州本部前にあったスピークの碑のそばに先生の愛称をもつ故ニェレレ初代大統領の立像ができました。等身大なのが彼の政治理念と重なり好ましく思いました。
 
 
 
 
 
   
   かつてのIsamilo46Aの住居は改修中で、隣接してあったマンゴーの木がなくなっていました。この木を伝って蛇が天井裏に住んでいたので、鼠がいなかったものでした。
 キルンバの教会ではクリスマスの準備で賛美歌の練習をしていました。その先の丘に登って広大なビクトリア湖を堪能し、魚市場を見ながら宿に戻ったら一万五千歩を記録していました。
 
   翌朝、雨音でいやだなあと思っていたら隣のエアコンの音で安心した次第です。6時半出発でしたがバスに6時集合と云うことで、5時半にホテルを出た時は見えなかった南空の雲が晴れて南十字星をみることができました。この方向に400kmほど南下です。
 いすゞのデラックスバスですがエンジン始動に5回ほどセルスタータを回していて心配しました。走行距離は37万キロを超えていてしかも今は動いていません。ムワンザから30kmほどのウキルグルからがひどい道路で、これで午後2時に着くのかいなと思っていたらバオバブが見えだしてからは快調に走行。DARからのバスとも擦れ違いました。
 シンヤンガでの小休憩からはさらに順調で、多分同時刻出発の逆便とも近くで会いました。途中でコーラ一本の差し入れもあり、ンゼガでも小休憩があり7時間半で無事タボラ到着です。みんなは郊外に出かけていたので、留守宅を使用しているシステムエンジニア隊員配属のカレッジが経営するインターネットカフェで持参のPCにメールを落とし込み、自宅にも連絡しました。
 
 
  文頭ブントウモド  
  その5に  
  ホームにモド