その5-「チャワタとTDFT」  
 
 Twendeが応援していたChawataはタンザニア障害者協会のスワヒリ略称で全国組織のNGOであるが主要州に独立組織があるとのこと。米澤団長がタボラ赴任時にリーダーであったカリム氏が障害者スポーツ大会で日本に来たことがあり(沢内村にも来ていたとは驚きでした)、その縁で関わり始めたことを今回知りました。
 自分もタンザニアOBということで、それなりの関わりを持ってはいましたが古着支援には懐疑的でした。今度のタボラ訪問参加の主動機も前に触れたようにムワンザに行けることが本音で、しかもJETROの奥ダルエスサラーム事務所長に会いに行きたい潜在希望者がいたのでそのための旅行調整員ぐらいは当然の義務と心得ての参加でした。
 事前調査のためインターネットで情報収集していたら、危惧していた古着支援と関わる負の事実(仲介した協力隊員の苦労話やChawataに派遣した隊員と組織の仲違い等)が出てきたほか、青年海外協力隊の活動現場を模索してタボラに隊員がいるので協力要請をタンザニア事務所に打診したら「Chawataとは一定距離を置いているので隊員を巻き込まないようにして下さい」との連絡でした。
 一番大きかったのは古着売上金をChawataの活動資金に回す経路で職員の着服疑惑があり、裁判沙汰になってしまったのが決定的なようでした。
 この件でカリム氏はこの組織から離れ、新たにTabora Development Foundation Trustという別な活動母体にシフトしたようです。この組織は障害者支援を、より大きな観点から障害者が出ないような生活基盤確立を目指して@水A畜産BHIVCリハビリDアルビノ対策の分野で活動をしていて、これらのフィールドを通してChawataともリンクしているようです。
 
     
 
 実は前述のように、両組織との訪問日は小生が自分のかつての赴任地に抜け出していて組織訪問には参加しなかったのですが、26日午後に農村プログラムの現場を見る機会がありました。
 先ず井戸改善ですが、元々あった井戸を清潔かつ安定供給を目的に鉄枠を打ち込み、上部をコンクリートで覆って不潔な水の浸透を防ぎ、手押しポンプを設置したものでした。これで500m近辺の250人分の給水をまかなっているとのことで、共同体でメンテナンス費用を負担しているとの説明でした。機械による新規ボーリングは費用負担が大きすぎて実行が難しいようです。
 
     
 
 次に、畜産プロジェクトのモデル農家を訪問しました。要約すると、妊娠八ヶ月齢の初産牛を貸し付けます。どの農家を選択するかは、共同体で希望者を募り組織決定するようでした。2001年に始めたプロジェクトで、最初の農家は未亡人ながら酪農の研修を受け、貸し付け牛から既に2頭の牝・牡の仔牛を得ていました。返済は2頭の初産牛を次の希望者に回せば、それ以外の収益は自分のものになる仕組みです。三人の子供と真摯に取り組み、出産後の牛乳による収入が大きいようです。また改良種であることと舎飼で栄養のある草を供給しているので産出量も多いと推察できます。それに舎飼なため堆肥を得ることが容易でこれを畑に還元することで、他の農産物の収穫も上がります。乾季でも充分な草を確保できるかとの疑問には、牧草も栽培しているとのことで見に行ったらこちらも改良エレファントグラスが生い茂っていました。井戸からも遠かったので水くみも大変ではと思っていたら牛乳代を回して自分達で掘ったと、自慢の井戸も見せてくれました。もうため息が出るほどのものでした。
 
     
   次の農家は年配の人でしたが、悩みの種は二産目が未だなことでした。自分が獣医師であると畜産プロジェクトのリーダーが紹介したことでどのようにしたらよいか相談されました。見たところ、先程の農家に比べたら明らかに太りすぎです。舎飼による運動不足と良質な牧草供給が牛乳をたくさん搾るには好都合ですが、しばしば繁殖障害を引き起こすことがあるのです。この人は減量しようとすると牛がもっと欲しいと鳴くので、つい草をやってしまうと苦笑いしていました。
 畜産プロジェクトリーダーのンシンバ氏は、かつてムワンザのニィエゲジ農業研修所の先生でしたので、手伝いに来てくれよと勧誘されました。定年も近いので考えておこうと云っておきました。
 
   最後に付記しておくのは、今回の旅行で一番楽しめたのがスワヒリ語でした。
 アルーシャ郊外でのおみやげ屋さんでは「何でお前はスワヒリ語を知っているのか」ときましたので隊員時代によく使った「俺はザンジバル生まれよ」とやったところ本気にされまして「何歳までいたんだ」と追求されました。
 まあ、かなりブロークンでしたが"kinatosha"(充分いけるよ)との励みで、正確な通訳が必要な時は英語でやってもらいましたが、本当に第二の故郷を堪能させられた旅でした。
 
  文頭に戻る  
     
  ホームに戻る